在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 最新ニュース一覧 > 2016年度最新ニュース一覧 > 経営・森本ゼミ 食生活ジャーナリスト大賞に-新潟県辻又集落の活性化に貢献-
ニュース
フォトギャラリー

経営・森本ゼミ 食生活ジャーナリスト大賞に

新潟県辻又集落の活性化に貢献

 「食生活ジャーナリストの会」(会員約140人)は、第1回「食生活ジャーナリスト大賞」(ジャーナリズム部門、食文化部門)の受賞者を発表した。

 食文化部門は経営学部の森本祥一教授とゼミ生が受賞。新潟県南魚沼市にある辻又集落(15世帯)で地元産コシヒカリの販売や商品化企画など地域の活性化に貢献、活動記録を『大学生、限界集落へ行く』(専修大学出版局)としてまとめ、2016年に刊行した。表彰式は4月25日に都内で行われる。

 同賞は、食に関する情報発信や食育、食文化の継承の分野で優れた活動をしている個人や団体に贈られる。