在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 最新ニュース一覧 > 2016年度最新ニュース一覧 > 金思穎さん(院文博1) 地区防災計画学会論文賞受賞
ニュース
フォトギャラリー

金思穎さん(院文博1) 地区防災計画学会論文賞受賞

日本学術振興会特別研究員内定も

▲発表する金さん

 文学研究科博士後期課程社会学専攻1年次の金思穎さんは、地区防災計画学会(会長:室崎益輝神戸大学名誉教授)の2016年度大会(3月4日、京都大学)で林秀弥名古屋大学教授らと論文賞を共同受賞した。同賞は、同学会における最高賞。金さんは14年度にも同学会で、若手を対象にした奨励賞を単独受賞している。

 金さんは、大矢根淳人間科学部教授(災害社会学)の指導の下、コミュニティや企業の防災活動について研究を行っている。今回の受賞論文は、名古屋大学や福岡大学との連携により、16年4月に発災した熊本地震をテーマに考察を行ったものである。

 また、社会知性開発研究センターの客員研究員を務め、4月からは、日本学術振興会の特別研究員(DC2)に内定しているほか、熊本地震に関する研究が九州地方で高く評価され、福岡大学非常勤講師も兼任することになっている。