研究活動

学術機関としての研究とその成果についてご覧いただけます。研究活動トップへ

研究業績
研究機関・センター一覧
研究活動
研究上の公正確保について
私立大学研究ブランディング事業
社会貢献・連携

地域社会、産官学などと連携した活動や取り組みをご紹介します。社会貢献・連携トップへ

社会貢献等の概要
復興共生プロジェクト
連携・研究機関・センター
連携活動
学生生活

東京ドーム10個分のキャンパスで充実した学生生活を。各種手続き関連もこちら。学生生活トップへ

学生生活サポート
通学サポート
奨学金について
健康管理・相談窓口
課外活動
国際交流センター
就職・資格

就職支援、資格取得に関する情報はこちらから。就職・資格トップへ

就職サポート
資格取得サポート
図書館・施設

図書館の蔵書数は約16万冊。どなたでもご利用できる施設もあります。図書館・施設トップへ

図書館
情報教育研究センター
大学案内
cmn_side_about.gif

iadmissioninfo.jpg

教育の3ポリシー

 石巻専修大学では、グローバル化や複雑化が進む現代社会において、地域や社会が求める人材を一層育むため、建学の精神、大学の理念及び目的を踏まえ、教育目標をより明確化させるとともに、3つのポリシーの再設定を行いました。さらに、ポリシーの再設定にあたって、本学が輩出すべき人材像を「社会の諸問題に、自分の役割を自覚して取り組むために、生涯にわたって学び続けることができる人」としました。このため、教育目標は、本人材像の育成を実現するため、それまでの「実践的な教育」と融合し、より明確化しました。

 

【教育の3ポリシー】

  ・ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

  ・カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  ・アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

  

  この3ポリシーは、地域や社会が求める人材に必要な力を、次の≪側面≫から捉え「構成」しました。

≪ [知] 知識・スキル≫ 「知識・理解」「技能・表現」「思考・判断」
≪ [徳] マインド≫       「関心・意欲」「態度・志向性」
≪ [体] 健康・体力≫    「健康・体力」

 

【教育目標】

  ・ 社会の諸問題に、自分の役割を自覚して取り組むために、

      生涯にわたって学び続けることができる人材を、「実践的な教育」によって育成すること

 

【3ポリシーによる「輩出したい人物像」】
(大学)
  社会の諸問題に、自分の役割を自覚して取り組むために、生涯にわたって学び続けることができる人

(理工学部)
  社会の諸問題に、自分の役割を自覚して取り組むために、生涯にわたって学び続けることができる人、
  特に、専門教育において学修した自然科学や科学技術の知識を活用して地域及び社会の発展に貢献できる人

(経営学部)
  社会の諸問題に、自分の役割を自覚して取り組むために、生涯にわたって学び続けることができる人、
  特に、常に目標を更新しつつ、今から10年後に、社会責任を果たして働ける人

(人間学部)
  社会の諸問題に、自分の役割を自覚して取り組むために、生涯にわたって学び続けることができる人、
  特に、文化や教育の面から地域社会の発展と向上に貢献できる人

(平成28年7月) 

◆ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 (1) 幅広く豊かな教養を身につけている。

 (2) 学んだ専門分野の基本的な知識を身につけている。 

 (3) 学問の体系性や方法論を理解している。 

知識・理解

 (4) 情報を収集し、自分の考えをさまざまな方法で的確に伝えることが

      できる。 

 技能・表現

 (5) 課題に対して 問題点を抽出し、学んだ専門分野の手法を用いて考察し

      判断できる。

 思考・判断

 (6) 学んだ知識・技術をもって地域社会や職場の諸課題に積極的に取り組む

      ことができる。

 関心・意欲

 (7) 生涯にわたって学ぶことができる。

 (8) 他者の意見を理解し、社会の中で柔軟に協調した対応ができる。

 (9) 自らを律し、自発的主体的に行動できる。 

 態度・志向性
 (10) 生涯にわたる健康づくりの大切さを理解している。  健康・体力

◆カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 (1) 教育課程は、基本教育科目と専門教育科目から構成する。

 (2) 基本教育科目は、幅広い教養および総合的な判断力を養い、豊かな人間性を涵養することを目的に、

       スキル養成科目、社会性養成科目、教養力養成科目を開設する。 

 (3) 専門教育科目は、各学部各学科に関わる高度な専門の知識・技能(スキル)ならびに技術(スキルの

  体系)を身に付け、実社会で活躍するための能力の修得を目的としている。

 (4) 地域に根ざし、他者との協働を重視した実践的な教育を、少人数を基本に実施することによって、

  知識・技能ならびに技術の定着を図る。

 (5) 評価は、知識・理解のみならず、思考・判断や関心・意欲なども加味して多面的に行うことで、

      主体的な学習を促す。 

◆アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

 (1) 本学での修学に必要な基礎学力を有している。 

知識・理解
 (2) 自分の考えを明確な言葉で表現できる。   技能・表現
 (3) 物事を複数の視点から考察し、自分の考えをまとめることができる。  思考・判断

 (4) 社会の諸問題に関心を持ち、大学における勉学を通じて、

      それを探求したいと考えている。

 関心・意欲

 (5) 自主的に学び行動する意志を持っている。

 (6) 他者の意見を尊重できる。 

 態度・志向性
 (7) 健康な心身を求める意志がある。  健康・体力

<各学部・各学科のポリシー>

◆ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

■理工学部  ■経営学部  ■人間学部

 

◆カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

■理工学部  ■経営学部  ■人間学部

 

◆アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

■理工学部  ■経営学部  ■人間学部