研究活動

学術機関としての研究とその成果についてご覧いただけます。研究活動トップへ

研究業績
研究機関・センター一覧
研究活動
研究上の公正確保について
私立大学研究ブランディング事業
社会貢献・連携

地域社会、産官学などと連携した活動や取り組みをご紹介します。社会貢献・連携トップへ

社会貢献等の概要
復興共生プロジェクト
連携・研究機関・センター
連携活動
学生生活

東京ドーム10個分のキャンパスで充実した学生生活を。各種手続き関連もこちら。学生生活トップへ

学生生活サポート
通学サポート
奨学金について
健康管理・相談窓口
課外活動
国際交流センター
就職・資格

就職支援、資格取得に関する情報はこちらから。就職・資格トップへ

就職サポート
資格取得サポート
図書館・施設

図書館の蔵書数は約16万冊。どなたでもご利用できる施設もあります。図書館・施設トップへ

図書館
情報教育研究センター
石巻専修大学トップページ > 社会貢献・連携 > 高大産連携プロジェクト > 高大産(舛井ゼミ)「Code for Ishinomaki 2016」体験イベント

cmn_ttl_social.jpg

cmn_side_social.gif

iadmissioninfo.jpg

【高大産(舛井ゼミ)】「Code for Ishinomaki 2016」体験イベント

石巻工業高校×イトナブ石巻×石巻専修大学 

平成29年3月12日(日)、イオンモール石巻で本学、石巻工業高校と一般社団法人イトナブ石巻が連携した「Code for Ishinomaki 2016」の成果発表の体験イベントを実施しました。
当日のイベントでは、来場した方にヘッドマウントディスプレイを装着してもらい、VRを体験してもらいました。子どもたちをはじめ、実際に体験した方は新しい技術に興味津々で、イベントは大いに盛り上がりました。「Code for Ishinomaki 2016」では、「石巻の絶景」をテーマにして、VRで疑似体験もできるアプリケーション「Iscene」とタイムラプス機能によって石巻の四季を楽しめるwebサイト「巻scape」を制作しました。

 

 
▲ イオンモール石巻を会場に   ▲ 制作物のプレゼンテーション


▲ 来場者も興味津々


≪概要≫高大産連携プロジェクト「Code for Ishinomaki2016」
スマートフォンなどの活用による実生活で利用可能なサービスの提供を目指すとともに、自らが生活する地域を自らの力で改善できる若者を育成する。(平成28年5月~平成29年1月)
 高等学校:石巻工業高等学校 [電気情報科課題研究班]
 法人:一般社団法人イトナブ石巻

 石巻専修大学:経営学部 舛井 道晴 准教授 ゼミナール