研究活動

学術機関としての研究とその成果についてご覧いただけます。研究活動トップへ

研究業績
研究機関・センター一覧
研究活動
研究上の公正確保について
社会貢献・連携

地域社会、産官学などと連携した活動や取り組みをご紹介します。社会貢献・連携トップへ

社会貢献等の概要
復興共生プロジェクト
連携・研究機関・センター
連携活動
学生生活

東京ドーム10個分のキャンパスで充実した学生生活を。各種手続き関連もこちら。学生生活トップへ

学生生活サポート
通学サポート
奨学金について
健康管理・相談窓口
課外活動
国際交流センター
就職・資格

就職支援、資格取得に関する情報はこちらから。就職・資格トップへ

就職サポート
資格取得サポート
図書館・施設

図書館の蔵書数は約16万冊。どなたでもご利用できる施設もあります。図書館・施設トップへ

図書館
情報教育研究センター

大学院学生募集要項

以下の情報は、平成29年度入試の詳細となります。

平成30年度入試情報は5月下旬の公開を予定しております。

詳細については入学試験係(0225-22-7717)までお問い合わせください。

募集人員

研究科

課 程

専 攻

募  集  人  員

第I期

第II期

学内推薦第I期

学内推薦第II期

社会人第I期

社会人第II期

一貫教育

プログラム

理工学

修  士

物質工学 

5名

若干名

若干名

若干名

若干名

若干名

機械システム工学

5名

生命科学

5名

博士後期

物質機能工学

3名

若干名

若干名

若干名

若干名

若干名

生命環境科学

3名

経営学

修  士

経営学

5名

若干名

若干名

若干名

若干名

若干名

若干名

博士後期

3名

※社会人を対象とした入学試験制度には、社会人が就労しながら学修できるよう「社会人履修プログラム」が含まれます。 

※「一貫教育プログラム」は、「経営学部・経営学研究科・学部・大学院5年一貫教育連携プログラム」の履修者を対象とした入学試験制度です。

試験日程

試験区分 出願期間 試験日 合格発表日

入学手続期間

試験会場

修  士

博士後期

学内推薦第I期

6月20日(月)

~ 

6月30日(木)

(面接)

7月7日(木)

7月15日(金)

9月16日(金)

9月30日(金)

本学

修  士

第I期

8月26日(金)

~ 

9月2日(金)

9月10日(土)

9月16日(金)

学内推薦第II期

社会人第I期

一貫教育プログラム

博士後期

第I期 

10月21日(金)

10月28日(金)

11月5日(土)

11月11日(金)

11月11日(金)

11月18日(金)

学内推薦第II期

社会人第I期

修  士

博士後期

第II期 

2月3日(金)

2月10日(金)

2月18日(土)

2月24日(金)

2月24日(金)

3月3日(金)

社会人第II期

 

注)出願書類の受付は郵送(消印有効)または窓口とします。 

試験科目・時間及び配点

(1)第I期・第II期入試

研究科

課程

専 攻

試    験    科    目

試験時間

配点

理工学

修  士

物質工学

 

英  語 (必須。本学が用意した英和辞典を貸与する。)

60分

100

専  門 (次の9科目から2科目を出願時に選択し登録する。)

     数学・固体物理学・電磁気学・電気および電子回路・無機化学・

     有機化学・情報システム・物理化学・分析化学

120分

100

面  接 書類審査

 

機械システム

工学

英  語 (必須。本学が用意した英和辞典を貸与する。)

60分

100

専  門 (次の7科目から2科目を出願時に選択し登録する。)

     数学・材料力学・メカトロニクス・流体力学・熱力学・伝熱工学・

     機械力学

120分

100

面  接 書類審査

 

生命科学

英  語 (必須。本学が用意した英和辞典を貸与する。)

60分

100

専  門 (次の8科目から1科目を出願時に選択し登録する。)

      細胞生物学・分子生物学・生理学・生化学・海洋生物学・

      環境工学・生態学・系統分類学 

60分

100

面  接 書類審査

 

博士後期

物質機能工学

生命環境科学

英  語 (出願書類の審査により免除する場合がある。)

60分

100

面  接 書類審査

 

経営学

修  士

経営学

英  語 (必須。本学が用意した英和辞典を貸与する。)

30分

50

小  論 文 (必須。)

30分

50

専  門 (専攻する専門分野の科目1科目を出願時に選択する。)

      経営学・会計学・経営情報学

60分

100

面  接 書類審査

 

博士後期

経営学

英  語 (出願書類の審査により免除する場合がある。)

60分

100

面  接 書類審査

 

 

2)学内推薦入試(第I期・第II期)

研究科

課程

専  攻

試験科目

理工学

修  士

物質工学

機械システム工学

生命科学 

面  接

書類審査

博士後期

物質機能工学

生命環境科学 

面  接

書類審査

経営学

修  士

経営学

面  接

書類審査

博士後期

経営学

面  接

書類審査

(3)社会人入試(第I期・第II期)

研究科

課程

専 攻

試 験 科 目

試験時間

配点

理工学

修 士

物質工学
機械システム工学
生命科学

〇専 門(専修学科目に関する小論文)

60分

100点

〇面 接 〇書類審査  

博士後期

物質機能工学

生命環境科学

〇英 語(出願書類の審査により免除する場合がある。)

60分

100点

〇面 接 〇書類審査  

経営学

修 士

経営学

〇専 門(専攻とする専門分野に関する小論文)

60分

100点

〇面 接 〇書類審査  

博士後期

経営学

〇英 語(出願書類の審査により免除する場合がある。) 
(*下欄外を参照)

60分

100点

〇面 接 〇書類審査  

 

*経営学研究科博士後期課程社会人入試「英語」免除の要件について

(1) 本学の大学院修士課程社会人入試により入学した同課程の修了者であること

(2) 修士課程で修得した科目の平均点が80点以上であること

(3) 修士論文がA(80点以上)であり、指導教員の推薦が得られること

(4)一貫教育プログラム入試

研究科

課程

専  攻

試験科目

経営学

修  士

経営学

面  接

書類審査

 

出願資格

第I期・第II期入試

〔修士課程〕次のいずれかに該当する者

(1) 大学を卒業した者、または平成29年3月卒業見込みの者

(2) 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者

(3) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者

(4) 文部科学大臣の指定した者

(5) 本大学院が個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で22歳に達したもの

(6) 本大学院が大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

〔博士後期課程〕次のいずれかに該当する者

(1) 修士の学位を得た者、または平成29年3月までに取得見込みの者

(2) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位に相当する学位を授与された者

(3) 外国において、修士の学位またはこれに相当する学位を得た者

(4) 文部科学大臣の指定した者

(5) 本大学院が個別の入学資格審査により、修士の学位を得た者と同等以上の学力があると認めた者で24歳に達したもの

(6) 本大学院が修士の学位を得た者と同等以上の学力があると認めた者

(注)(5)により出願を希望する者は、出願前に「出願資格認定」の申請を行う


学内推薦入試(第I期・第II期)

〔修士課程〕次の全ての条件を満たしている者

(1) 本大学を平成29年3月卒業見込みの者

(2) 学業成績が優秀な者

(3) 卒業研究・ゼミナールの指導教員、または学科主任、学部長から推薦書が得られる者

〔博士後期課程〕次の全ての条件を満たしている者

(1) 本大学大学院修士課程を平成29年3月修了見込みの者

(2) 学業成績が優秀な者

(3) 【理工】特別演習・実験の指導教員、または専攻主任あるいは研究科長から推薦書が得られる者

     【経営】演習の指導教員、または研究科長から推薦書が得られる者


社会人入試〔第I期・第II期)

〔修士課程〕〔博士後期課程〕

   第I期・第II期入学試験の出願資格について、入学時において社会経験が2年以上ある者


一貫教育プログラム入試

〔経営学研究科 修士課程〕 次の要件を全て満たしている者

(1) 本学経営学部4年次に在学し、「学部・大学院5年一貫教育連携プログラム」を履修していること

(2) 修士論文に結び付くような卒業論文の指導が行われており、卒業論文が執筆中であること(出願書類に卒業論文の概要添付)

(3) 一貫教育プログラムの学部4年次の履修条件を満たしていること

(4) 学部卒業要件(ゼミナールIIIを除く)を満たしていること