在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > グローバル化・国際交流 > 国際交流センター > 専修大学に在籍している外国人留学生の方へ
グローバル化・国際交流
グローバル化・国際交流
ihome.jpg
専修大学入試情報サイト

専修大学に在籍している外国人留学生の方へ
- Information for International Students Enrolled in Degree Programs -

 このページでは、専修大学で学ぶ正規留学生向けに随時情報提供や案内を行います。

 

留学生へのお知らせ 

留学生のためのビザ(留学・就職活動・就労)・税金に関する説明会

     留学ビザの学部生、大学院生 〔修士・博士〕が対象です。

   毎年12月に実施しますので、詳細はホームページに掲載します。 

   

  説明会内容 
    ★何単位取得すれば「留学」ビザの更新はできる?

    ★ブラックバイトとは?

    ★卒業後に日本で就職活動するには?

    ★就職は決まったけどビザはどうする?

    ★留学生は税金を払わなくてもいい?

 

卒業後のビザ申請書類配布&記入説明会(平成30年3月卒業/修了予定の留学生対象)

   卒業年次(平成30年3月卒業【学部生】/修了【大学院生】予定)の留学生が対象です。

   毎年1月に実施しますので、詳細はホームページに掲載します

  

  説明会内容 

   ★日本で就職が決定したら⇒「技術・人文知識・国際業務」ビザへ

   ★日本に就職活動を続けるなら⇒「特定活動(継続就職活動)」ビザへ

   ★大学院等へ進学するなら⇒「留学」ビザの期間更新 

   ★入管への所属機関異動の届出について

 

 

【留学生のための学生会館】 入居者募集のお知らせ

  【東京太田記念館】 入居者募集のお知らせ

  【東京国際交流館】 入居者募集のお知らせ

      【アジア文化会館】 入居者募集のお知らせ

      【タマエスティ国際学生会館】 入居者募集のお知らせ

       応募の詳細については国際交流事務課へお問い合わせください。

       ▲ このページのトップへ

留学生の在留資格取次申請制度について

在留に係わる申請取次制度とは

 申請取次制度とは、本学が入国管理局の承認に基づき、留学生の在留に係わる申請書類を取次ぎし、申請する制度です。これによって、留学生にとっては在留に関し特に問題がなければ、留学生自身が入国管理局へ直接出向く必要がなくなりますので、学業に専念できるという利点があります。

申請取次制度で取り扱うことのできる申請

  • 査証「留学」への在留期間更新許可申請
  • 査証「留学」への在留資格の変更許可申請
  • 資格外活動(アルバイト)の許可申請

申請取次条件並びに注意事項

  1. 本制度は、大学が個人に代わって経費支弁をしたり、あるいは個人の経費支弁者を探したりする制度ではありません。
  2. 本制度は、留学生自身が揃えた書類を大学が入国管理局へ持参する制度ですので、必要書類は留学生自身が揃えなければなりません。なお、入国管理局の指定様式書類については、国際交流事務課で入手できます。
  3. 申請取次を行う目的で大学が書類を預かったからといって、 申請に対して許可が保証されるものではありません 。したがって、大学が入国管理局の判断に関し責任を負うことはできません。
  4. 留学生が入国管理局より直接出頭を求められたり、追加書類の提出を求められた際には、 当該留学生はそれに応じなければなりません。
  5. 書類に不備や不足があった場合には、大学はその書類を受け付けることはできません。 必要事項の訂正または不足書類を揃えた上、再度書類を一括して大学に提出してください。
  6. 在留状況に何らかの問題があると大学が判断した場合には、大学は申請取次を行わないことがあります。
  7. 申請取次書類については、在留期限の3ヶ月前より国際交流事務課で受付けいたします。 申請は、在留期限が到来する直前ではなく余裕を持って行ってください 。
  8. 各月の申請取次書類の大学への提出締切日は、国際交流事務課等の 掲示板にてお知らせいたします 。神田キャンパスは原則として窓口開設日としますが、事情を相談のうえ対応いたします。
  9. 入国管理局に書類を持参した日より約2週間で大学に結果が通知されます。国際交流事務課の窓口で書類を受付けた際に、 次の来室日を指示しますので、その日以降に申請の結果及び在留カード、パスポート受領のため国際交流事務課に来室してください。

申請書類提出先

 東京入国管理局(品川埠頭)とします。

 

個人申請で在留期間更新許可申請をする場合

  在留期間更新許可申請書(入国管理局指定様式)の所属機関等作成用の2枚の申請書が必要です。

    入国管理局への申請前に、国際交流事務課へ発行の申込みをしてください。申込み後翌日発行となります。

資格外活動許可(アルバイト)申請について

 在留資格「留学」を持って本学に在学している留学生が日本留学中の学費その他の必要経費を補うなどの目的で収入や報酬を伴う活動(一般的にはアルバイト)を行う場合には、その時間数に関わらず、必ず資格外活動許可を受けなければなりません。

   提出書類は、以下のとおりです。

  • 資格外活動許可申請書(入国管理局指定様式)
  • 『別記』(入国管理局指定様式)
  • 成績証明書
  • 在留カードの両面のコピー
      (在留資格変更もしくは在留期間更新と併せて申請する場合は不要です。)
  • 留学生生活状況報告書・・・大学へ提出

注意

  1. 資格外活動(収入や報酬を伴う活動:アルバイトなど)が認められている時間数は、週28時間以内です。週28時間を超えてアルバイトを行うことは認められておりません。ただし、大学で定められている長期休暇中は、1日8時間以内でのアルバイトが認められています。 許可を受ける際、手数料は不要です。
  2. 資格外活動許可の期限は「在留期間満了日」です。 次回の在留期間更新許可申請の際に、資格外活動許可申請も併せて行ってください。
  3. アルバイトの予定がない者の資格外活動許可申請は受付けません。アルバイトをする場合には、資格外活動許可申請やアルバイト開始日など、事前に各自スケジュールを立てて申請を行なってください。
  4. 1年生が申請する際には、成績証明書は提出不要です。ただし、2年次の4月のオリエンテーション期間中に1年次の成績証明書を必ず提出してください。

就職活動のための査証「特定活動」への在留資格の変更許可申請について

 大学や大学院を卒業した留学生が、卒業後も引き続き就職活動を行うために、在留資格「特定活動」に査証の資格変更ができるようになりました。在留期間は6ヶ月ですが、在留期間更新が1回のみ認められ、最長1年程度の滞在が認められます。さらに、資格外活動許可申請を行うことで週28時間以内の収入や報酬を伴う活動(一般的にはアルバイト)が許可されます。
 但し、申請のためには定期的に国際交流事務課と就職課に就職活動の報告を行い、滞在目的が就職活動であることを立証する必要があります。
 詳細は、国際交流事務課にお問い合わせください。

 

▲ このページのトップへ 

交流活動・行事

 本学では現在、学部・大学院あわせて、約300名の留学生が学んでいます。親睦をはかり、共に励まし合い、また日本人学生との交流を通して、お互いの文化習慣等の違いについて学んだり、それぞれの考え方や価値観を知ることは、自己を高め、より充実した学生生活を送るために大変有意義なことです。留学生が日本での学生生活に順調に溶け込み、留学目的が達成できるよう、大学でもいくつかの交流行事を実施しています。また、学生たちの間にも各国の『留学生会』や、留学生と日本人学生が共に交流活動を行う『国際交流会』があり、それぞれ活発に活動しています。みなさん一人一人の意志で、これらの活動をより充実させることができるよう積極的な参加を期待します。

主なスケジュール(H29年度予定)

行事名 場所(予定) 実施日 申込期間など
新入留学生歓迎会
&合宿オリエンテーション

伊勢原

セミナーハウス

4/8(土)~9(日) 新入留学生は全員参加してください

国際交流イベント

「貿易ゲーム」

生田キャンパス

6月中旬予定

未定

留学生・日本人学生交流

バスハイク(278KB)

富士山五合目&ぶどう狩り 10月下旬予定

未定

留学生・日本人学生交流
ボウリング大会

経堂ボウル(予定)

(小田急線経堂駅前)

11月頃予定

未定

 

学外の交流活動・行事について

 大学内での交流行事の他にも外部の様々な団体が、ホームステイやコンサートへの招待、文化セミナーやスピーチコンテストなど、留学生のための催し物を行っています。これらのポスターや案内は留学生の掲示板に掲示しています。最新の情報は、掲示板またはこのページにて確認してください。