在学生向け
文字サイズ
  • 在学生の皆様へ
  • 本学で学びたい皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • ご父母・保証人の皆様へ
  • 企業・社会人・地域の皆様へ
グローバル化・国際交流

専修大学は17か国・地域の22大学と国際交流協定を結んでいます。グローバル化・国際交流トップへ
新たに誕生した国際交流の拠点『国際交流会館』はこちら

海外留学・支援情報
外国人留学生サポート
国際教育プログラム
教員の学術交流
国際交流センター
ホーム > 卒業生の皆様へ > 校友会 > 校友会について
卒業生の皆様へ
卒業生の皆様へ
専修大学入試情報サイト
本学にご支援をお考えの皆様へ

<校友会 住所等
各種変更届>

<校友会入会届>

 

 

   

 

 

 

 


 


 

 

フォトギャラリー

校友会について

沿革

明13.09

専修学校(専修大学の前身)開校

明14.07

第1回卒業式を明治会堂で挙行
卒業生法律科9人、経済科2人計 11人初の校友となる

明20.01

「専修学校同窓会」が発足
「同窓会の規約」ができる

明21.02

「同窓会報告」を発刊

大12.09

関東大震災により校舎、校宅、書籍を全焼
全国同窓会支部が母校復興資金援助に立ち上がる

昭22.05

「専修大学同窓会」が再発足
会長に簗田きゅう次郎就任

昭22.12

新制大学実現のため総長諮問機関に建設委員会を置く(校友23名が参画)

昭23.06

会長に野田豊就任

昭25.11

「専修大学校友会」と改称
会長(初代)に佐々木弥市就任

昭27.07

会長に川島正次郎就任(東京を中心に46支部)
校友会会則を制定

昭29.06

会長に山崎修一就任

昭33.06

代議員制を布く

昭42.06

会長に有馬順二就任
幹事会に専門部5部を置く

昭46.09

会長に藤江黙成就任

昭48.10

会則改正を行い、「専門部会」を9部制とする
神田校舎が落成(校友会本部を13階に置く)

昭52.06

会長に千葉博就任(全国に144支部)

昭53.10

校友会旗を新調する

昭54.11

校友祭を生田校舎で開く
校友バッジを改める

昭58.06

副会長6人制となる

昭61.12

『校友会史』を発刊

昭62.05

会長に林一夫就任

平02.02

校友会報『瑞雲』を発刊(平12.4まで刊行)

平02.09

全国支部長会議を神田校舎で開催

平03.05

会長に樋口義雄就任(全国に230支部)

平07.12

専修大学カードを導入

平08.01

専修大学会館が落成(校友会本部を6階に置く)

平11.05

会長に小林清就任(全国に308支部)
副会長10人制となる

平12.10

校友会総合情報誌『アドニス』発刊

平17.05

会長に甘竹秀雄就任(全国に315支部)

平18.06

校友会主催第1回ワイン大学講座開催

平19.12

校友会創立120周年記念祝賀会開催
 平27.06  会長に小宮 多喜次就任(全国に321支部)

 

 

 

事業内容

財政基盤

  • 入学時に徴収する「入会金 10,000円」と新卒者および卒業生からの「年会費 3,000円」で運営されています。
    大学発行の『ニュース専修』(月刊)と、校友会報『アドニス』(年4回)の送付を行っています。
    (購読料は、年会費に含まれております。)

  • 平成7年12月より、専修大学カードを発行し、財政基盤の強化を図っています。なお、カード会社からの会員募集手数料および提携手数料については、教育研究の援助・奨学資金として活用されます。

学生諸団体行事等への助成

  • 体育の分野において優秀な成績を収めた団体・個人には校友会長賞・優秀団体賞および奨励賞の授与を行っています。
  • 学生諸団体(学生自治会・体育会・連合県人会・文化会サークル等)の主催行事に対して助成を行っています。
  • 校友会役員と連合県人会役員との懇談会および新校友歓迎祝賀会を開催しています。

大学発展への協力

  • 教育振興協力資金募金活動の推進 大学が広く一般社会へ呼びかけをしている募金活動について、全国の校友に対し協力を要請しています。
  • 就職対策についての協力
  • 寄贈図書の移管
    校友からの寄贈図書を図書館に移管し、学生及び校友の利用に供しています。

各支部・同窓会への援助

 地域・職域・同期会支部および石巻専修大学同窓会・専修大学北海道短期大学同窓会に援助金を支出しています。

校友情報の管理・修正

 平成7年12月に、校友の全データを名簿業者より大学に移管。校友一人ひとりに校友会員番号を付与し、コンピュータによる住所、勤務先などの修正作業を常に行っています。

また、データは個人保護情報保護法及び取り扱い基準によって、厳重に収集・保存・利用を管理されております。